支援施策・セミナー等のお知らせ

4月1日より障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わります

2018年03月15日

「障害者が地域の一員として共に暮らし、共に働く」ことを当たり前にするため、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります。平成30年4月1日から、障害者雇用義務の対象として、これまでの身体障害者、知的障害者に精神障害者が加わり、あわせて法定雇用率も変わります。
詳しくはhttp://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192051.htmlをご覧ください。