支援施策・セミナー等のお知らせ

貨客混載を通じた自動車運送業の生産性向上について

2017年09月08日

国土交通省では、今般、自動車運送業の担い手を確保するとともに、過疎地域等における人流・物流サービスの持続可能性を確保するため、従来の自動車運送業の縦割りにとらわれず、旅客自動車運送事業者は旅客の運送に、貨物自動車運送事業者は貨物の運送に特化してきた従来のあり方を転換し、両事業の許可をそれぞれ取得した場合には、乗合バスについては全国で、貸切バス、タクシー、トラックについては過疎地域において、一定の条件のもとで事業の「かけもち」を行うことができるよう措置を講じました。なお、今回の措置につきましては、平成29年9月1日以降に申請を受け付けたものから適用となります。

【関連URL】
※許可の取扱いの詳細等については以下をご覧ください。
 http://www.mlit.go.jp/common/001197454.pdf
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk4_000032.html