支援施策・セミナー等のお知らせ

大規模サイバー攻撃(ランサムウェア)に関する注意喚起について

2017年05月16日

すでに新聞やテレビ等で大きく報道されておりますとおり、今回、ランサムウェアという身代金要求型のウイルスが流行し、世界規模で被害が拡大しています。ランサムウェアにパソコンが感染すると、パソコンのファイルが暗号化され利用出来なくなり、暗号化の解除に金銭を要求される仕組みとなっています。ランサムウェアに感染しないためにも、下記の点について注意してください。

  • ・不審なメールの添付ファイルの開封やリンク(URL)へアクセスをおこなわない。
  • ・利用パソコンのプログラムが最新の状態になるよう、Microsoft社から提供されているWindowsUpdateの実施をおこなう。
  • ・有料ウイルス対策ソフトのパターンファイル(定義ファイル)が最新の状態になるようアップデートをおこなう。

 ※無料ウイルス対策ソフトを利用されている場合は、有料のウイルス対策ソフトの導入をお勧めします。

この件に関する詳細な対応は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)からの注意喚起「世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について」をご覧ください。