支援施策・セミナー等のお知らせ

「おもてなし規格認証2017」の創設について

2017年03月15日

経済産業省では、国内のサービス産業事業者のサービス品質を「見える化」する「おもてなし規格認証」を創設しました。顧客・従業員・地域社会の満足度を高めるための取組30項目をチェックし、各認証において必要な基準を満たすことでマークや登録証または認証書を取得することができます。
 認証には、紅、金、紺、紫の4つの認証マークがあり、紅については、セルフチェックシートにある項目をチェックし、該当項目数(30項目のうち15項目)をクリアすれば、無料登録できるようになっており、登録証または認定証を取得することができます。「紅認証」に登録すると、金、紺、紫の認証審査が受けられます。(審査は、認定機関に認定された「認証機関」による審査となり有償になっております。)
 詳細等は、別添、下記URLのサイトをご参照いただき、中小サービス事業者のメリットにもなる「おもてなし認証2017」の登録制度をご活用ください。

【関連URL】
 https://www.service-design.jp/